通信制限なし話題のポケットWi-Fi『限界突破Wi-Fi』を契約してみた件 地方や山でも使える?

0

     

    パケット通信使い放題戦国時代に突入か?

     

    最近ポケットWi-Fi界隈が騒がしいです。

    というのもグッドラックという会社が『どんなときもWiFi』そして今回紹介するX-mobileが『限界突破WiFi』を月額3000円の価格プランで相次いで発表しました。

     

    いままでも使い放題というプランは様々にありましたが、実は3日間で使えるパケット容量が決まっていて事実上使い放題ではないというのが現実でした。

     

    そしていま出てき始めているのが正真正銘使い放題で、「1日で3GB使ったら3日間は速度制限ね〜」なんてけち臭いことはありませんし、格安SIMサービスでありがちなピークタイムは激遅になって使い物にならない、普段から遅すぎてストレス爆発といったことも今のところありません。

     

    限界突破WiFiは後発のサービスなのですが、どんなときもWiFiに真っ向から勝負を挑んでいる会社で、料金プランや端末に至るまで群を抜いている感じがしますし、競合ができるというのは消費者にも良い影響があるのでどんどん頑張ってほしいところです。

     

    ということで他にも同じようなサービスが登場するはずですしこれから制限なしポケットWi-Fi戦国時代に突入していくのはもう確実でしょう。

     

    初期費用はいくらかかるの?

     

    通信サービスなので初期費用がかかるのはある意味当たり前になっていますが、実際にはいくらかかるのでしょうか。

     

    初期費用>>>0円

     

    まさかの0円で事務手数料みたいなものもなくてかなりお得です!

    大手キャリアでも機種変したりすると2〜3千円は取られるので嬉しい限りですね!

     

    格安SIMのサービスと違って今のスマホのSIMカードを差し替えてといった利用方法ではなく、俗に『ポケットWi-Fi』と言われる通信端末を使っての利用サービスとなります。

     

    ということは通信端末を購入したりレンタルしたりする必要があるのですが、こちらの代金はいかがでしょうか?

     

    本体代金>>>無料

     

    なんとまさかの無料です!

    例えば競合の「どんなときもWiFi」だと本体はレンタルで契約終了後は返却が必要になります。

    こちらは本体も無料だし返却も必要ありません。

    言ってみれば「タダであげますよ」というやつです。

    これはめちゃくちゃ嬉しいサービスですね!

     

    実際月いくらで使えるの?

     

    では月額の料金を見ていきましょう。

    かかる費用は次の通りです。

     

    月額利用料>>>3500円(税込3850円)

    ユニバーサルサービス料>>>数円

     

    以上のみで大手キャリアで発生するLTE利用料金とかパケットのややこしいプランとかそういった料金プランもなく明確です。

    契約初月はスタート日に合わせて日割計算されるのも良心的です。

     

    契約期間や違約金は?

     

    契約期間は携帯各社と同じ2年間が一区切りとなり、以降は1年ごとの契約更新になります。

    解約金は初めの2年以内が18000円、以降は5000円が必要になりますが更新月での解約だと無料になります。

    なお更新期間として3ヶ月間の猶予があるので比較的長い設定期間だと思われます。

     

    クラウドSIMの技術で快適通信を実現!

     

    限界突破WiFiの通信端末には物理的なSIMカードが挿さっていません。

    携帯の機種変で見たことがあると思うのですが、スマホにピンを差し込んでトレーを引き出して小さなチップを入れているアレです。

    これで電話番号や通信の色々を管理してスマホや通信端末が使えるようになっていて絶対に必要なものなのですが、ではどういう仕組みになっているんでしょうか?

     

    答えは「クラウドSIM」にあります。

     

    クラウドSIMは通常のSIMカードと違ってインターネット上にSIMカード情報を保管し、それぞれの通信端末に情報を送信することによって物理SIMカードと同じ仕組みを果たす比較的新しい技術になります。

    で、この技術がもたらす恩恵がすごくて、情報だけのやり取りということなので対応している様々な会社のSIMが使えるようになるわけです。

     

    日本だとdocomo、au、SoftBankが対応し、限界突破WiFiだとその他世界中の107ヶ国でも利用が可能になっています。

     

    みなさんこんな経験ってありませんか?

     

    山など電波が悪そうな場所に友人と旅行に行った時の話。

    スマホを使おうとするとなんと圏外。

    でも友達は違う携帯会社で3本アンテナが立っている。

     

    よくあるスマホあるあるですが、クラウドSIMだと状況が違ってきます。

     

    限界突破WiFiの場合原則はSoftBankの回線を選ぶようになっているようです。

    さて、山に旅行に行って山間部でSoftBankの電波が無くなってしまいました。

    すると何が起こるかというと今度はdocomoやauの電波を受信し使えるようになるのです。

     

    つまりSoftBankとdocomoとauのスマホを持ち歩いているのと同じことが見えないところで行われているのです。

     

    こうやって考えると3社の電波を使えて3500円というのはそれほど高いようには思えませんね!

     

    これだけで欲しくなるかも?物欲をそそる端末

     

    通信の際に使う端末ですが、こんな感じです。

     

     

    なにこれ?スマホじゃんと思ったアナタは大正解です。

     

    限界突破WiFiの通信端末はjetfon P6というモデルをカスタマイズしたAndroidスマホで基本スペックは次の通り。

     

    カラー>>>ブラック

    重さ>>>162g

    液晶>>>5.7インチ

    接続端子>>>USB C

     

    一応基本モデルはスマホなのですが通信端末用に各種制限がかけられていてアプリのインストールや通話はできませんし、カメラが付いていながら写真撮影も制限がかけられていて使えなくされています。

     

    ただしGoogle翻訳とGoogle Mapは標準装備になっていて、このあたりは海外でも使えることをぞんぶんにアピールした端末仕様になっています。

     

    jetfon P6ベースということは関連アクセサリが使えるので、液晶保護フィルムや保護ケースなども販売されています。

     

    私はAmazonで液晶保護フィルム楽天で手帳型スマホケースを購入しました。

     

    スマホ仕様なので液晶保護フィルムとケースは必須です。

    破損すると18000円の修理費用が必要になるので早めに購入するか、毎月500円で2回まで修理費用が0円になる端末保証プランを契約しましょう。

     

    ここから本題、実際快適に使えるの?

     

    どんなに安価でサービスが良くても肝心の通信が快適に利用できなければその価値はまったくありません。

    快適度はどうでしょうか?

     

    現在2週間ほど使っていますがかなり快適です。

     

    私の場合家では光回線のWi-Fi、外出時に限界突破WiFiを使っていて旅行中に車の中で家族が同時接続しながらネットをやっていても全く問題の無いレベルでした。

     

    それよりも外出してもiPhoneのWi-Fiマークが消えないままになっているので、Wi-Fiが一緒に付いてきているような不思議な感じです。

     

    私は山口県の地方在住で丘の上の方に自宅があるのですが、届いた日にスピードテストで計測すると下りが16Mbps、上りが6Mbps程度でした。

    下りというのはインターネットの情報がスマホに下りてくる速度で、画像の表示やYouTubeを閲覧する時の快適度が変わってきます。

    上りはスマホから何かを送信する時のスピードです。

     

    実は契約しているauの電波強度がアンテナ本数で1本程度の時が多く、正直下り1Mbps程度も有り得るかなと思っていたので想像よりもスピードは出ているようです。

     

    旅行中に比較的人口の多い下関や福岡の主要都市で計測すると下り30MBps程度は出ていたので十分に実用的だと言えます。

    移動中の山間部でも圏外にならず5Mbpsとか出ていたので想像以上に使えます。

     

    通信端末に関してもフリーズやシャットダウン、電波を受信しなくなったなどの問題は今のところ1つもありません。

    友人は自宅でも固定回線の代わりに使っているのですが、特に問題なく使っているということです。

     

    ただしバッテリーの持ちに関しては少し問題ありで、公式サイトには3400mAhのバッテリー搭載で最大15時間利用可能と掲載されているものの実際には半分くらいの時間でもバッテリー切れを起こすことはあるようです。

    このあたりは通信専用端末と違いスマホベースで液晶も大きな端末という部分が足を引っ張っているように感じます。

     

    旅行や人の多いイベントでは確実にモバイルバッテリーが必要になってきます。

     

    これを使うと高速通信ができるの?

     

    Twitterなどを見ていると早い遅いの話で溢れかえっていますが、勘違いしてはいけないのがこのサービスを利用したからといってスマホ単体で通信するよりも高速な通信ができるわけではありません。

     

    Wi-Fiと聞くと高速なインターネット回線のイメージがあって勘違いしそうですが、Wi-Fi電波が飛んでいるのは通信端末からスマホまでの間で、通信端末までは通常の携帯回線で電波を受信しています。

     

    渋滞している道路をスポーツカーで走っても軽自動車で走っても同じ速度しか出せないのと同じで、同じような回線の電波を使っているので特に早くなることはないです。

     

    ただし例外としてauの電波が1本でSoftBankの電波が5本立っているような環境だと速度改善は見込めるかもしれませんが100Mbpsとかは無いものと思ってください。

     

    本当に制限はかからないの?

     

    もうここが一番気になる部分と思いますが、どんなに使っても制限はかからないと言われていて実際100GB程度使った人でも大丈夫だったそうです。

     

    自宅で固定回線代わりに使う人だと例えばPS4のソフトで50GBを一気に使うということもあります。

    いまのところ制限にかかったという話は聞かないのでこの辺りは安心していても大丈夫そうです。

     

    ただし一人でネット回線を占有してしまうような通信とかファイル共有ソフトなどを使った通信、違法ダウンロード、不正利用などは通信制限の対象となるので良識のある使い方をしてきましょう。

     

    結局契約すべきなのか?

     

    税込3850円というのは実は微妙な価格設定で、現在のスマホのパケット契約プランから引き算するとこちらの方が高くなる可能性があります。

     

    私の場合パケットのプラン+テザリングのオプションで計算すると最安のプランとの差が3500円以上だったので迷わずに契約をしました。

    それだけではなく各種タブレットやノートPCを外で使いたかったり、車で移動中にWi-Fi専用Kindle Fireを子どもに使わせることができるメリット、旅行中のホテルで使いにくい無料Wi-Fiを使わなくて良かったり、外出先で気兼ねなく動画を見られたりとかなりライフスタイルが変わるキッカケになっています。

     

    さて契約、どれくらいで届く?

     

    契約を決めたアナタ、では実際どれくらいで届くのでしょうか?

    これ系のサービスは即日発送が基本のようですが残念ながら現在かなり人気があるらしく端末の入荷も待ちが起こっている状態のようです(ブログ掲載時での状況)。

     

    私の場合だとこんな感じでした。

     

    10月24日の夜

    >ネットで申し込み

     

    10月29日

    >審査完了のメールが届く

     

    10月30日

    >マイページ開設のメールが届く

    >端末発送

     

    11月1日

    >端末到着

    >11時から電波開通

     

    実際には10月25日からという感じなので、申し込みから1週間で届いた計算になります。

     

    代理店に在庫があれば即日利用も可能ということらしく、急ぎの方は店頭契約も考えてみられると良いかもしれません。

     

    まとめ

     

    過去ポケットWi-Fiの名前が初めて付いた端末から楽天の端末まで色々と使ってきましたが、価格も4000円以上でキャリアの回線そのままを使っているわけではないので低速になったり圏外になったりで、結局は高い契約料に最終的には解約の2年間を待つという状況が何度も続いてきました。

     

    時代がスマホのパケット使い放題が当たり前だっり月に7GB使うほどのコンテンツが無かったりでPCのためみたいな感じもあったからだと思います。

     

    ただいまの時代は下手をするとPCよりも通信量は多くなる可能性もあり、ましてやパケットのプランも高く制限もある状況なのでスマホと2台持ちする手間を考えても十分に契約する価値があるのでは無いかと考えています。

     

    ちなみにこれを契約してからauの1GB未満なら最安になるプランに変更したのですが、10日ほどで勝手に端末がモバイル通信した分の50MBほどしか使っていない状態です。

     

    みなさんも一度プランを比較•検討して契約を検討されてみるのはいかがでしょうか。

     


    楽天スーパーWi-Fiを契約してみた!

    0
      JUGEMテーマ:インターネット

      その昔、
      イーモバイルがあった頃に「ポケットWi-Fi」が出たてで、
      喜び勇んで契約したことがあったのですが、
      当時はLTEなんて言葉すらも無かった時代で、
      せいぜい携帯よりもネットが早いくらいの時代がありました。

      それから何年経ったでしょう。

      現在は各キャリアがモバイルルーターを発売していて、
      まさにWi-Fiを持ち歩ける時代になりました。

      今回、
      とある事がキッカケで、
      ネットを接続できない時期が1週間ほどあり、
      iPhoneのテザリングで頑張っていたんですが、
      見事に3日間で7GBを使い果たして撃沈!

      ということで、
      モバイルルーターを検討することとなりました。

      とはいっても選択肢は様々。

      あと、
      必ず悪い噂も書かれていて、
      二の足をふんでしまいながらも最終的に契約したのが、
      「楽天スーパーWi-Fi」です。

      ご存じの通り、
      最大手のネットショッピングサイト「楽天市場」が行っているWi-Fiのサービス、
      というか簡単に言うと「Y!モバイル」の代理店なわけです。

      ここを選んだ理由は5つ。
      1.申し込みがすぐにできる
      2.すぐに端末が届いて使い始められる
      3.特典がついていた
      4.価格が安かった
      5.7GBを超えても2年間は無料で追加容量を足していける


      ということで、
      ほとんど迷うこと無く契約。

      もともと楽天のIDは持っているので、
      噂通り申し込みは超簡単でした!

      申し込みから2日、
      思った以上のスピードで端末は到着。



      ちなみに「楽天スーパーWi-Fi」は2つのコースがあります。

      一つは月2839円(税抜)で303HWという端末を用いたコース。
      もう一つは月3696円(税抜)で305ZTを端末として用いたコース。

      この2つの違いは安い方が端末でTVを見られるとかの違いの他に大きな差があります。
      それが「7GB以上使えるかどうか」。
      高い方は7GBで制限はあるのですが、
      2年間は追加容量を無料で追加できます。

      端末の縛りが2年縛りなので、
      2年後には一旦解約して、
      新たにサービスに加入すれば実質一生無料で容量追加ができるという事です。

      このあたりは業界の独占的なイメージと混乱を避けるための処置として行われているような気がします。

      とりあえず迷わず制限のない高い方のプランで申し込みました。

      さて使ってみての感想ですが、
      思った以上に早くて使い心地がいいということです。
      こちらのプランは実は安い方と違って、
      今話題の「CA」キャリアアグリゲーションが使えます。

      複数の帯域の電波を同時利用して、
      ネットの速度をあげるという仕組みのアレです。

      使用して2日目に7GBを超えましたが、
      容量を増やすのは簡単です。

      残り200MBになると端末にメールが届きます。
      そこから予約をしておけば制限を超えても自動追加されます。
      もちろん何度でも料金は0円。

      それを忘れても、
      超過の知らせが届くので、
      その時に追加をすれば5分ほどで通常速度に戻ります。

      2ヵ月ほど使ってみての感想ですが、
      バッテリーの持ちもそこそ良くて電波も圏外にならずに安定。
      スピードも思った以上に出ていて快適。

      ただ、
      何度か良くない事もありました。

      それが制限を超過したのにメールが届かずに、
      2日間ほど劇遅いままの利用になったこと。

      何かの不具合と思っていたのですが、
      サポートに電話するとメールが正常送信されなかったようで、
      電話で制限解除を1度だけしてもらいました。

      あとは、
      アンテナがフルで立っていてLTEの表示があるにも関わらず、
      まれに全くネットが送受信できないときもありました。

      このあたりはこういうもんだと割り切って使うのが良いと思うので、
      許容範囲内ですが、
      通知無しの制限の場合、
      何もわからないままですし、
      制限解除のためにはサポートの営業時間内に電話での連絡が必要で、
      サポートに通じてもそこから専門部署に電話が回されるため、
      けっこう時間を待たされました。

      このあたりは端末で制限有無の確認と解除をできるように変更を望みます。

      そうはいうもの、
      現在数あるサービスの中でも比較的オススメできてお得な特典もついているので、
      迷われている方はこちらのサービスを利用してみられてはいかがでしょうか?

      楽天スーパーWi-Fiの詳細

      インク代を半分以上に節約!インク節約ソフトは実用的か実験してみた!

      0
        JUGEMテーマ:印刷 


        プリンターはどんどん低価格になるのに、なぜか安くならないプリンターインク。
        最近はリサイクルインクなどが大量に売られていますが、純正品ではないのでインク詰まりやプリンタ寿命を早めてしまうのではないかと不安はつきまといます。

        プリンターインクは基本的に使い切るまで交換できないので、簡単な文章はリサイクルの互換インクで、高画質の写真印刷は純正インクでというような使い分けができないのも難点です。

        ただ、純正インクでも印刷代を節約できる方法があります!

        それが印刷節約ソフトです。


        ◇実際にインクの減りが激減!


        自身も昨年からチラシの印刷など、プリンターで印刷する機会が増えたので思い切って「InkSaver 」というソフトを導入してみました。

        こういうソフトは時間をかけないと結果がわからないのですが、半年以上使ってみた結果インクの減りが激減しました!

        この半年でインクを買い足したのは1回だけ。

        いつものペースだと3回は買い足しているはずです。

        ソフトの価格は3500円ほどで、インクのパックが4500円位なので9000円位の節約ができていると思います!


        ◇せっかくなので検証してみました!


        今回はせっかくの機会なので検証をしてみようと思います。

        印刷に使ったプリンターはキャノンの「PIXUS IP4930 」。
        標準的なプリンタ専用機です。

        用紙はキャノン純正の「普通紙SW-101 」。

        検証用に「FUJITSU ScanSnap S1100 」でスキャンしました。

        まずは自身のブログをInkSaver無しで印刷したみたのがこちら。


        普通紙で印刷したときに一番早く印刷できるモードなので、このプリンターとしては最低の品質での印刷になります。

        WEBの印刷などはこれだけ印刷できれば十分な品質です。

        では、今度はInkSaverを使ってみましょう。

        このソフトはインクの節約量を0~75%まで1%刻みで指定することができます。


        ソフトの起動も特に無く、いつも通り印刷を行うと上記の画面が出てくるので希望の節約%を指定して印刷を押すだけの簡単操作です。

        まずはよく使う20%節約で印刷した結果がこちらです。


        節約無しと比べるとほとんどかわりません。
        完全に実用レベルでの印刷です。

        これだけ印刷できて20%節約できているので100枚プリントして印刷コストは80枚分ということになります。

        こんどはちょっと数値をあげて50%節約。
        インクの使用料は半分です。


        ちょっと薄くなりましたが文字なども全然読めます。
        インクの使用量を半分にしたからといっても濃さが半分になるわけでは無いようです。

        このモードのまま100枚印刷したとしても、インクの使用量は50枚分!
        かなりお得です!

        では最大値の75%節約印刷ではどうでしょう?


        かなり薄くなりましたが文字は読めます。
        試し刷りとか、WEBクーポンとかの印刷はこれでも充分に使えます。

        せっかくなので全ての結果を合成してみました。


        0~75%という差があるものの、印刷結果としては0〜50%位の濃度にしか感じられません。

        わずか3500円ほどのソフトなのでぜひ導入していて損の無い(というより損をしないための)ソフトです。

        すぐに導入したい方はダウンロード版もあるのでかなりオススメします!



        外出先からメールの印刷も!エプソンのプリンターがすごい!

        0
          JUGEMテーマ:パソコン周辺機器 

          先日、

          エプソンのプリンター『EP-804AW』を購入しました。

          このプリンターがちょっとすごかったので、

          皆さんにその多機能ぶりをお伝えします!


          このプリンターは最近ちょこちょこ搭載されだして便利な、

          「無線LAN」搭載タイプのプリンターです。

          無線LANは必要?と思われるかもしれませんが、

          一旦使ってしまうとその便利さは手放せなくなります。


          まずはセッティング。

          無線LANなのでどんな場所に置いてもOKです。

          という事でリビングの一角に設置。

          配線は電源ケーブル一本のみでOKです!


          次にパソコンに付属のCDを入れてソフトとドライバーをインストール。

          自動的に進めてくれるので簡単です。

          途中有線LANか無線LANかを尋ねられるのと、

          本体操作が必要な部分がありましたが、

          特に迷うこと無く10分ほどでインストールは終了。

          SSIDの入力もLANやUSBケーブルを接続することも無し

          もうこれだけでセッティングは全て終了です!


          さて実際に使ってみての感想は、

          「使いやすい」「応用がきく」の2つ。

          使いやすさの面では、

          印刷までの反応速度はストレスにならない速度です。

          印刷スピードも早いです。

          このあたりは最近のプリンターならどれでも一緒な感じでしょうか。


          このプリンターの良さは実は他の応用的な使い方の部分にあるといえます。

          まずは「Epson iPrint」


          iPhoneに無料の専用アプリEpson iPrint (無料) をインストールすると、

          iPhone上の様々なデータが無線で印刷できるというスグレモノ。

          どんな形式が可能かと言うと、

          写真、オフィス形式のドキュメント、Webページ、クラウド上の画像やドキュメント、PDFデータなど。

          特にPDFの印刷は重宝した機能で、

          パソコンをわざわざ起動する手間から解放されました!

          他にもスキャン機能も搭載しているので、

          PDFやJPEGデータとしてiPhoneに保存することができます!

          Epson iPrint App
          カテゴリ: 写真/ビデオ
          価格: 無料

          ネットワークを使ったもう一つの機能が「メールプリント」

          外出先からでもメールを印刷できるというサービスです。

          利用は簡単で、

          ユーザー登録を済ませると専用のメルアドが付与されます。

          そのアドレス宛にメールを送るとプリンターで内容が印刷できてしまうという機能です。

          外出先で家族に地図を伝えたいときや、

          仕事先で書類を家でも印刷したいときに便利。

          プリンターの電源が入っていなくても、

          電源ONになると印刷をはじめてくれます。


          これ以外にもおなじみのCDのレーベルプリントや、

          手書き合成など様々な機能が詰まっています。

          発売当時は3万円以上したようですが、

          現在の実勢価格は16000円前後くらいのようです。

          無線LAN無しタイプで『 EP-774A』も有りますが、

          その価格差は2千円くらいなので、

          絶対こちらのタイプを購入することをオススメします!



          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << December 2019 >>

          selected entries

          categories

               

          Google ADsense

          archives

          recent comment

          links

          profile

          search this site.

                  

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM

          Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...